Search

AEROSIL® news

日本アエロジルが創立50 周年を迎えます。

• ドイツと日本という2つの文化の違いを乗り越え、高い技術力をもとに
成長
• 特殊表面処理アエロジルをはじめ、日本発のロングライフ製品を開発

 
本日、日本アエロジル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:
マイケル・ドルーダ)は、創立50 周年を迎えます。
 
当社は、1966 年11 月1 日、ドイツのデグサAG(現エボニック インダストリ
ーズAG)と三菱金属鉱業株式会社(現三菱マテリアル株式会社)が出資し誕
生しました。
 
創立2 年後の1968 年、三重県四日市市にてデグサAG による技術支援の
もと日本初の親水性フュームドシリカ(AEROSIL®/アエロジル)の生産に成功
し、以降特殊表面処理アエロジル、疎水性フュームドシリカ、二酸化チタンを生
産しています。ドイツと日本という異なる文化の違いを乗り越え、高い技術力を
もとに成長を続けてきました。
 
「お客様を成功に導くソリューションを提供する」という理念のもと、研究開発
から製品化まで、お客様のニーズに応じた製品とサービスを提供し、アエロジ
ルの用途は日用品からハイテク機材まで多岐にわたります。
 
これまで63 製品を開発し、1982 年に開発した特殊表面処理アエロジル
(SMA)は当社の技術力を象徴する製品として今では幅広い業界で採用され、
その翌年にお客様と共同開発したトナー向け製品も業界内で高い評価を獲得
し続けています。
 
2011 年の東日本大震災以降は、災害時においても継続的な製品供給がで
きる生産設備や環境を整え、さらに本年8 月にはSMA に対しISO22301(事
業継続マネジメントシステム)を取得し、リスクマネジメントを強化しています。
今後もお客様の信頼できるパートナーとして、お客様、そして社会のために
取り組んでまいります。

Downloads

Contact

樋口 嗣洋

Contact