Search

日本アエロジル株式会社企業理念

日本アエロジルとは


品質方針
顧客要請の達成が、我社の努力と責務の中心課題です。さらに、我社は長年に渡る自社の品質マネジメントシステムの要求事項はもとより、いかなる法規制をも遵守します。
我社は常に新たな品質目標を定めて、毎年レビューし、将来に渡り、顧客に最善の結果がもたらされるよう、製品及び顧客サービスの継続的改善に努めます。 


環境方針
日本アエロジル株式会社四日市工場は、地域社会との共生を目指すと共に、地域においてよき企業市民として環境と安全に配慮した工場運営をし、社会的責任を果たす為、環境保全活動を次の通り推進する。
1) 当工場は、超微粒子無水二酸化ケイ素と超微粒子二酸化チタン及び、それらの加工製品の開発から廃棄に至る各領域において、省資源・省エネルギーの推進、リサイクル、廃棄物の削減、危険物・化学物質の使用・物流に伴う環境保全及び製品安全の確保など、環境負荷の低減に努める。 
2) 環境側面に関連する法規制、その他要求事項の公的基準の遵守はもとより、自主管理基準を設定し、環境に影響を与える恐れのある事業活動を責任もって管理する。 
3) 継続的に改善を図り環境汚染の未然防止に努める。 
4) 本方針遂行のために、変化していく状況及び情報を反映して、年度毎に環境目的・目標を設定する。
5) 定期的に内部環境監査を実施し、環境マネジメントシステムの維持向上に努める。

労働安全衛生方針
日本アエロジル株式会社四日市工場は、労働災害の潜在的危険性を低減するとともに従業員の健康増進及び快適職場形成の促進を図るため、労働安全衛生活動を次の通り推進する。
1) 安全と健康の確保は、良好なコミュニケーションのもとに実現されるとの認識に立ち、従業員との協議を尊重する。
2) 関連する安全衛生関係諸法令及び工場が同意するその他の要求事項、並びに当工場において定めた安全衛生規程等を遵守する。
3) 工場の労働安全衛生マネジメントシステムを適切に実施するとともに改善に努める。
4) 安全衛生の確保を推進するため、体制を整備し、内部監査を実施する。
5) 事業活動の全ての領域で、危険性、有害性の事前評価を徹底する。
6) 化学物質の安全な取扱いを徹底する。
7) 全従業員に対し、安全衛生確保に必要な教育・訓練を徹底する。
8) 安全衛生に関する新手法、新技術の開発、導入に努める。
9) 安全衛生の重要性並びに本方針を広報、会議、掲示等で従業員に周知し、意識の向上を図る。
10) 本方針の実行に当っては適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施する。

事業継続方針
日本アエロジル株式会社は、従業員の安全確保を最優先として、生産性を確保して製品をお客様へ提供する為にあらゆる手段を講じます。 よって、原材料供給の中断、事故、火災、インフルエンザ等の流行病、企業不祥事、もしくは地震や洪水等の自然災害といった事業を中断し得るあらゆるリスクに対応すべく事業継続計画を策定します。 また、この事業継続計画は次の優先順位に基づきます。 
1) 従業員、協力会社、近隣住民、来客の人命と安全確保に努めます。
2) 上述のリスク発生時には操業停止時間を最短に止め、優先すべき製品の生産を継続しながら顧客への製品供給責務を果します。
3) 主要なステイクホルダーである顧客、株主、従業員、地元のコミュニティーに対してその経済的影響 を最小限に止めます。
4) 定期的な演習と既存手順の見直しにより、事業継続マネジメントシステムの有効性を高めます。