Search

シリカとアルミナのアディティブ
・マニュファクチャリングへの応用:
3Dプリンティング用途


3Dプリンティングは近年、有用性の向上と造形物の品質と強度の向上によって、実用化が進んでいます。エボニックでは、お客様の3Dプリンティングの材料とプロセスの向上のため、さまざまなソリューションを提供しています。


Aerosil_3D Drueck_Silica-and-alumina-for-Additive-Manufacturing

3Dプリンティングは、アディティブ・マニュファクチャリング(AM)とも呼ばれていますが、コンピューター制御により材料を連続的に積層化して、3次元の物体を作り出します。造形方式はいくつかありますが、いずれの方法も積層化する方法で、主に造形物を作るための積層方法が異なります。また、材料を溶融又は軟化して積層化する方法もあります。レーザー焼結法(selective laser sintering: SLS)と熱溶解積層法(fused deposition modeling: FDM)が、このタイプの3Dプリンティングにおいて、最も一般的な造形方式です。別の方法としては、UVレーザーや同様のエネルギー源を使用して、光反応性樹脂を一層ずつ硬化させる方法があります。この方式の最も一般的な造形方式は、光造形法(stereolithography: SLA)と呼ばれています。これらの造形方式の大半は、材料として有機樹脂やプラスチックを使用していますが、無機金属、セラミックスやガラスの他に、ハイブリッド材料や複合材も使用することも可能です。
エボニックでは、さまざまな造形方式やプロセスで使用する各種3Dプリンティング材料(例えばポリマー、セラミックス、金属粉末)向けに開発された無機粒子を提供しており、それにより、造形物の製造プロセス、品質及び性能を向上させます。

フュームドシリカAEROSIL®、フュームド金属酸化物AEROXIDE®、及び、フュームドシリカ又はフュームド金属酸化物の分散液AERODISP®は、3Dプリンティング材料にさまざまな特性を付与できる、用途が非常に広い製品です。代表的な用途には下記のものがあります。





• SLSとSLAに対する粉体の流動性向上、固結防止及び帯電制御

• 粉体充填における密度制御

• 材料噴射法での樹脂の粘度制御(例:UV・EB硬化)

• 軟質ポリマーやエラストマー系とバインダーシステムの補強

• 造形物の耐薬品性と機械的強度の向上





当社では、お客様が開発する新しい3Dプリンティング製品に応じた特殊品の提供も行っております。当社製品の3Dプリンティング分野での活用方法については、お客様のパートナーとして粒子設計で70年以上の経験と専門技術を有する当社にご連絡ください。