Search

フュームドシリカ AEROSIL® 
接着剤とシーラント


フュームドシリカ AEROSIL®は、接着剤とシーラントの製造工程、品質、性能を改善します


Adhesive Resins
接着剤とシーラントは、多種多様な業界で使用されており、新しい用途の開拓が進んでいます。特殊な疎水性フュームドシリカAEROSIL®グレードが開発されたことにより、次世代技術に繋がる自動車、建設、風力発電などの構造用接着剤の生産が可能になりました。
AEROSIL® の接着剤・シーラント業界における主な歴史
販売時期
AEROSIL®グレード/新製品
応用用途
1962
AEROSIL® R 972
世界で初めて工業的に生産された疎水性フュームドシリカを開発


シリコーン系、ポリウレタン系、ポリサルファイド系、シラン変性ポリマー系の接着剤とシーラント
1986 - 1989
AEROSIL® R 202, AEROSIL® R 805, AEROSIL® R 812, AEROSIL® 812 S
特に、極性接着剤・シーラント用の効果的なチキソトロピー性付与剤として、高疎水性フュームドシリカを開発


エポキシ系、ポリウレタン系、シラン変性ポリマー系、ビニルエステル系の接着剤とシーラント
1995 - 1996
AEROSIL® R 104, AEROSIL® R 106
オクタメチルシクロシロキサン(D4)で表面処理された疎水性フュームドシリカを開発.


AEROSIL® R 816
水性系向けに弱疎水性フュームドシリカを開発


シリコーン、シラン変性ポリマー、水性系の接着剤とシーラント
1998
AEROSIL® R 8200
ヘキサメチルジシラザン(HMDS)で表面処理された優れた補強充填剤となる、高疎水性フュームドシリカを開発


シリコーン系、シラン変性ポリマー系、エポキシ系、ポリウレタン系の接着剤とシーラント
2001
AEROSIL® R 7200, AEROSIL® R 711
メタクリレート機能性シランで表面処理されたAEROSIL®グレードを開発


アクリル系、ポリエステル系、ビニルエステル系の接着剤とシーラント
2005
AEROSIL® R 9200
ジメチルジクロロシラン(DDS)で表面処理された疎水性フュームドシリカを開発


シリコーン系、シラン変性ポリマー系、エポキシ系、ポリウレタン系の接着剤とシーラント
2012 - 2013
AEROSIL® R 208
極性系の接着剤・シーラントへの効果的なチキソトロピー性付与剤としての、高疎水性フュームドシリカを開発


エポキシ系、ポリウレタン系、シラン変性ポリマー系、ビニルエステル系の接着剤とシーラント


データシート
SDSと同様、アエロジルの製品グレードも「製品の推奨」ページから検索することができます。

詳細