Search

フュームドシリカ AEROSIL®・

フュームド金属酸化物 AEROXIDE®

粉体塗料用途

応用分野

現在の塗料業界では、従来型の溶剤系からより環境配慮型塗料への移行が進んでいるため、世界市場において粉体塗料は、液体塗料より高い成長率が見込まれています。フュームドシリカAEROSIL®とフュームド金属酸化物AEROXIDE®は、粉体塗料の製造、品質、外観、総合性能を向上し、最適化する製品として広く知られています。


AEROSIL_Powder-coatings

(左)AEROSIL®添加なしの紛体塗料
(右)AEROSIL® R 972を添加した粉体塗料

AEROXIDE® Alu C、AEROSIL® 200、AEROSIL® R 812は、粉体塗料に求められる特性の向上に非常に適した製品としてよく知られていますが、最新の研究によると、新たに開発されたAEROXIDE® Alu C 805やAEROXIDE® Alu 130などが、さらなる付加価値を付与することが明らかになりました。疎水性酸化アルミニウムAEROXIDE® Alu C 805を配合した粉体塗料で、確かな改善が実証されており、微粒と粗粒の両方の粉体塗料で流動特性を向上する非常に効率的な添加剤であることが立証されました。トリボ型粉体塗料では、AEROXIDE® Alu C 805の移動効率は、微粒・粗粒の両方の粉体塗料で非常に高く、特に粗粒塗料でファラデーケージ効果が抑制されました。この研究で使用された特定処方の場合、AEROXIDE® Alu C 805とAEROSIL® R 812は、総合的に最良の結果を示しているため、微粒と粗粒の両方の粉体塗料に最適な添加剤であると、結論付けることができます。





データシート

SDSと同様、アエロジルの製品グレードも「製品の推奨」ページから検索することができます。

詳細
その他の塗料・コーティング用途向けエボニック製品