Search

分散液 AERODISP® 

製品情報

AERODISP® DISPERSIONS

分散液

AEROSIL® グレード

pH値

固形成分含有量 [wt.%]

粘度 [mPas]

分散媒

SiO2 分散液、アルカリ

AERODISP® W 7330 N

9.5‑10.5

30

1,000

H2O

AERODISP® W 7520

9.5‑10.5

20

100

H2O

AERODISP® W 7520 N

9.5‑10.5

20

100

H2O

AERODISP® W 7622

9.5‑10.5

22

1,000

H2O

AERODISP® W 7520 P

9.0‑10.0

20

300

H2O

AERODISP® W 1226

9.0‑10.0

26

100

H2O

AERODISP® W 1244

10.6‑11.2

48

≤ 200

KOH

SiO2 分散液、酸性

AERODISP® W 1714

5.0‑6.0

14

100

H2O

AERODISP® W 1824

5.0‑6.0

24

150

H2O

AERODISP® W 1836

4.0‑6.0

34

200

H2O

AERODISP® W 7512 S

5.0‑6.0

12

100

H2O

SiO2 分散液、陽イオン

AERODISP® WK 7330

2.5‑4.0

30

1,000

H2O

Al2O3 分散液

AERODISP® W 440

3.0‑5.0

40

≤ 1,000

 

AERODISP® W 450 ZX

6.0-9.0

50

≤ 100

 

AERODISP® W 630

3.0‑5.0

30

≤ 2,000

 

AERODISP® W 640 ZX

6.0-9.0

40

≤ 70

 

AERODISP® W 925

3,0-5,0

25

≤ 1000

 

TiO分散液

AERODISP® W 740 X

5.0‑7.0

40

30

H2O

エチレングリコールベース分散液

AERODISP® G 1220

20

300

C2H6O2

データは代表値です








エボニックは1953年から、フュームドシリカを母材とする分散液を製造しており、現在ではさまざまな用途の分散液を供給しています。これらの分散液は革新的な技術を利用して製造されており、 AERODISP® の商標で知られています。 AERODISP® には水ベースのものとエチレングリコールベースのものがあり、エボニックのフュームドシリカ AEROSIL®またはフュームド金属酸化物 AEROXIDE®が含まれています。お客さまの幅広い要件にお応えするため、pH値と固形成分含有量の異なるさまざまな分散液をご用意しています。




AERODISP® 分散液は取り扱いが容易です。多くの用途において、 AERODISP® 分散液の特性は粉体の特性よりも優れています。 AERODISP® 分散液は粘度が低く、乳白色をしています。固形成分含有量は12~50重量%(製品タイプによって異なる)で、粒子サイズ分布は50~300 nmの範囲にあります。分散工程は、安定化に使用する添加物と同様、製品ごとに異なります。分散粒子(フュームドシリカ AEROSIL® および AEROXIDE® 製品)の特別な凝集構造と高純度により、従来のコロイド系よりも優れた分散液が得られます。







効果:

  • インクジェットペーパーのインク吸着性向上

  • 金属、紙、テキスタイルのコーティングならびに研磨、クリーニングの表面特性向上 

  • ラテックスゴムの機械特性の向上

  • 接着ラベルの接着特性の最適化

  • 木材着色料の光学特性の向上

  • バッテリーゲル、ニスならびに塗料のレオロジー特性の最適化

  • PETフィルムのブロッキング防止効果向上