Search

親水性フュームドシリカ AEROSIL® 

製品情報

AEROSIL® FUMED SILICA - HYDROPHILIC SILICA

親水性フュームドシリカ
製品
BET法による比表面積 [m/g]
乾燥減量 [%]
pH値
AEROSIL® 90
90 ± 15                      
≤ 1.0
3.7‑4.7
AEROSIL® 130
130 ± 25
≤ 1.5
3.7‑4.5
AEROSIL® 150
150 ±15
≤ 1.5
3.7‑4.5
AEROSIL® 200
200 ±25
≤ 1.5
3.7‑4.5
AEROSIL® 255
255 ± 25
≤ 1.5
3.7‑4.5
AEROSIL® 300
300 ± 30
≤ 1.5
3.7‑4.5
AEROSIL® 380
380 ± 30
≤ 2.0
3.7‑4.5
AEROSIL® OX 50
50 ± 15
≤ 1.5
3.8‑4.8
AEROSIL® TT 600
200 ± 50
≤ 2.5
3.6‑4.5
AEROSIL® 200 F
200 ± 25
≤ 1.5
3.7‑4.5
AEROSIL® 380 F
380 ± 30
≤ 2.0
3.7‑4.5
AEROSIL® 200 Pharma
200 ± 25
≤ 2.5
3.5‑5.5
AEROSIL® 300 Pharma
300 ± 25
≤ 2.5
3.5‑5.5
データは代表値です


親水性AEROSIL®製品は、これまでポリエステルおよびシリコーン、塗料、コーティング剤の分野で使用されてきましたが、近年はハイテク産業での利用も増えています。電子機器や光ファイバの分野では、フュームドシリカのナノサイズ粒子と純度の高さが重要な役割を果たします。
親水性AEROSIL®製品のもう一つの特徴はX線アモルファス構造です。市場や応用分野に応じて、BET比表面積の異なる、さまざまな一次粒子サイズの製品を使用できます。一部の製品には、コンパクト版(VおよびVV製品)や医薬品グレードがあります。
効果:
  • 加工中の最適なレオロジーコントロール
  • シリコーンエラストマーの補強
  • 非極性液体の増粘
  • 粉末食品や工業用粉末の流動性の向上
  • 高い化学的純度の実現
  • 高温下でも優れた断熱性の確保
  • 液体から粉体への転化(医薬品や化粧品など)