Search

自動車向け構造用接着剤

現代の自動車産業において、接着は未来を決定づける技術です。自動車製造のほぼすべての工程に合わせたテーラーメイド接着システムが使用されています。自動車ボディのスポット溶接接合には、1成分形エポキシ接着剤が使用されています。AEROSIL® R 202、AEROSIL® R 208、AEROSIL® R 805は、この特別な技術に応じて推奨されるチキソトロピー性付与剤です。AEROSIL® R 202とAEROSIL® R 208でチキソトロピー性を付与された1成分形ポリウレタン接着剤は、ガラス繊維強化ポリエステル樹脂製のボディパーツの接着に使用されています。
もう1つの重要な用途は、フロントウィンドウとサイドウィンドウの直接シーリングです。フロントウィンドウ用の1成分形ポリウレタン接着剤及びシーラントは1970年代に導入され、現在においてもなお標準的技法です。AEROSIL® R 972とAEROSIL® R 202はフロントウィンドウ用接着剤のチキソトロピー性付与剤及び補強剤として、長年使用されている実績があります。

Adhesives and Sealants for automotive