Search

照明用途で使用されるAEROXIDE®とAEROSIL®

応用分野

フュームドアルミナAEROXIDE®とフュームドシリカAEROSIL®は、他の材料では再現が困難な照明器具での各種機能の実現に適した材料です。両材料は、最新の照明用途(例: 小型蛍光ランプ、管形蛍光ランプ、LED)になくてはならないものです


AEROSIL_silica-in-lighting-applications

照明用途で使用されるAEROSIL®及びAEROXIDE®製品の機能:

  • 無機結合剤

  • 水銀拡散隔膜

  • 光拡散剤

AEROXIDE® Alu CとAEROXIDE® Alu 130は、蛍光層でのバインダーとして使用すると、最大性能を発揮します。両材料を保護層として使用すると、蛍光ランプの寿命が延びるため、エネルギーコストが下がり、交換頻度も下がります。VP* Disp. W 905 Lは、開発中のフュームドアルミナ分散液で、蛍光ランプに最適な保護層被覆をご提供し、お客様の現場で水に微粒子を分散させる複雑なプロセスを省きます。

無機バインダー

蛍光物質とガラス表面はいずれも、通常は負の表面電荷を帯びているため、蛍光物質同士の接着と、蛍光物質とガラス表面の接着は本質的に弱いです。エボニックのフュームドアルミナAEROXIDE®製品は正の表面電荷を帯びているため、無機バインダーとして効果的に機能を果たします。

保護層

フュームドアルミナAEROXIDE®を使用しない場合、少量の水銀が、蛍光物質の層とガラス管の中に連続的に侵入します。この結果、管は時間の経過と共に灰色に変色し、効率と光収率に影響を及ぼします。まず、UV放射の発生に必要な水銀が減少します。次に、管が灰色になると、可視光の多くを吸収して、光から熱への変換が増加します。フュームドアルミナAEROXIDE®の層は、効果的な水銀バリアとして作用します。

光拡散

拡散光源は、強烈過ぎず、目に優しいだけではなく、より均質な照明も実現します。AEROSIL® 200などのAEROSIL®製品は長年、電球内部に霜状の白色の層を作るため、白熱電球で用いられてきました。最新のLEDランプでは、AEROSIL®及びAEROXIDE®製品は、LEDシリコーンレンズ内の拡散粒子として使用することができます。

粉体

製品名

AEROXIDE® Alu C

AEROXIDE® Alu 130

AEROSIL® 200

BET表面積

100 ± 15 m2/g

130 ± 20 m2/g

200 ± 25 m2/g

重装かさ密度**

50 g/l

50 g/l

50 g/l

pH(4%水分散液中)

4.5 - 5.5

4.4 - 5.4

3.7 - 4.5

分散液

製品名

VP* Disp. W 905 L

Al2O3含量

5 ± 1 wt. %

粘度**

≤ 100 mPas

pH値**

3.0 - 5.0

平均集塊粒径(d50値)**

< 0.2 µm

* 開発中の製品の名称の先頭には「VP」を付記。商品化は市場の反応で決まります。

** これらのデータは代表値であり、製品規格ではありません。