Search

潤滑剤(潤滑油)向けフュームドシリカAEROSIL®と金属酸化物AEROXIDE®

応用分野
Lubricants

潤滑剤とは2つの可動面の間に供給される物質(液状のものが多い)です。 潤滑剤の使用目的は、摩擦の低減、効率の向上、摩耗の低減です。またその他の機能として、異物の除去と放熱があります。

金属加工油剤と伸線加工用潤滑剤向けのAEROSIL®:

  • AEROSIL® COK 84は、AEROSIL® 200と高分散性フュームド酸化アルミニウムAEROXIDE Alu Cの混合物です。水性の高極性液体用に開発されたもので、金属加工油剤と伸線加工用潤滑剤でも使用することができます。効果の1つはレオロジー制御(チキソトロピー性付与)です。さらに、潤滑固体粒子(例:MoS2、グラファイト)を分散安定化させ、いくつかの用途で金属表面を改良することができます。

  • AEROXIDE® Alu Cは、比表面積が大きい微粒子状の高純度酸化アルミニウムです。金属加工油剤と伸線加工用潤滑剤に使用して、用途によっては金属表面を改良することができます。