Search

沈降防止剤

応用分野
AEROSIL_anti-settling-agent

フュームドシリカAEROSIL®は、液体系での顔料及び充填剤の沈降防止剤として、さまざまな用途(例: 塗料、コーティング剤、練り歯磨き、補修用パテ、着色ゲルコートなど)で広く普及しています。
少量のフュームドシリカAEROSIL®の使用で、顔料や充填剤が重力の影響下で沈降するのを防止することができます。系の種類に応じて、フュームドシリカAEROSIL®は、おおよそ0.5~5 wt.%の割合で添加されます。例えば着色ゲルコートでは、必要な増粘効果のために、シリカは約2.0 wt.%添加されます。




フュームドシリカAEROSIL®を効果的な沈降防止剤として使用するには、適正な分散が必要です。フュームドシリカを十分に分散させた場合、より良い沈降防止特性が得られます(TI 1279: Successful Use of AEROSIL® Fumed Silica in Liquid Systemsを参照)。

推奨製品:

無極性系における増粘効果付与では通常、AEROSIL® 200が推奨されます。
沈降防止効果のみのためにフュームドシリカAEROSIL®を添加する場合は、AEROSIL® R 972が一般的によく使用されています。AEROSIL® R 972は、非極性系液体での増粘効果は小さいです。

分散液のベースとなる液体の極性が高い場合(例: ビニルエステル樹脂)は、AEROSIL® R 202 、AEROSIL® RY 200 S、AEROSIL® RY 200や、AEROSIL® R 812、 AEROSIL® RX 200、AEROSIL® RX 300などの疎水性フュームドシリカAEROSIL®グレードが推奨されます。

樹脂用途向けエボニック製品群