Search

推奨製品

応用分野

液状樹脂における増粘とチキソトロピー性付与のための推奨製品をご紹介します。


不飽和ポリエステル樹脂は、多くの場合、反応性希釈剤としてスチレンを使用しているため、比較的無極性です。このため、親水性フュームドシリカAEROSIL®が増粘剤として選ばれています。AEROSIL® 200は、積層用樹脂とゲルコート用樹脂に広く使用されています。
一部の特殊なポリエステル樹脂やビニルエステル樹脂はより極性があるため、疎水性AEROSIL®製品が適しています。こうした材料にはAEROSIL® R 202が優れた効果を発揮する一方、親水性フュームドシリカAEROSIL®では十分な増粘効率が得られません。

下表に、不飽和ポリエステル樹脂にAEROSIL®とSIPERNAT®製品を使用する場合の、代表的な用途と効果、さらに、推奨する製品グレードと用量を示します。

ゲルコート用樹脂

用途

効果

推奨製品

添加量
[wt.%]

備考

透明

レオロジー

AEROSIL

200 /

AEROSIL

200 HV

1.0-2.0

 

充填/有色
タルク、TiO2などを併用

レオロジー
多孔性

AEROSIL

200 /

AEROSIL

200 HV

SIPERNAT

22 LS

2.5-4.5

40%:AEROSIL® 200と60%:SIPERNAT® 22 LSの配合比で開始。パテとペーストの使用量も同様。

暗色で白色以外

レオロジー
耐白化性

AEROSIL

200 /

AEROSIL

200 HV

SIPERNAT

FPS-5

2.5-4.5

船舶用ゲルコート向け
高純度沈降シリカ

汎用

レオロジー制御
機械的特性

AEROSIL

R 202, AEROSIL

R 208

6.0-10.0

大半の場合、ビニルエステル樹脂とエポキシ樹脂を使用

200 HV推奨

 

積層用樹脂

用途

効果

推奨製品

用量
[wt.%]

備考

汎用

レオロジー制御

AEROSIL

200 /

AEROSIL

200 HV

0.8-1.3

 

低含量のスチレン

レオロジー制御

AEROSIL

200 /

AEROSIL

200 HV

SIPERNAT

22 LS

0.8-2.5

環境基準適合樹脂用
溶媒が少ないと、粘度が上昇

汎用

レオロジー制御
機械的特性

AEROSIL

R 202, AEROSIL

R 208

6.0-10.0

大半の場合、ビニルエステル樹脂とエポキシ樹脂を使用

200 HV 推奨

 

ボンディング用ペースト

Application

Effect

Product

Dosage
[wt.%]

Remark

汎用

レオロジー制御
機械的特性

AEROSIL

R 202, AEROSIL

R 208

6.0-10.0

大半の場合、ビニルエステル樹脂とエポキシ樹脂を使用

200 HV推奨

ここに示すデータは代表的な数値です