Search

工業用粉体技術になくてはならないAEROSIL®

添加、搬送、充填などの粉体の取扱いは、化学工業では日常業務です。しかし、粉体の流動性が悪い、又は固結する場合、生産時にさまざまな問題が生じ、さらには不都合な品質変動が生じることもあります。また、液体を粉体配合物へ正確に添加する事が必要な場合、液体を粉体の中に均質に分散させることは、多くの場合で非常に困難です。その場合、液体を粉体に変換する手段があれば、より正確な添加と均質な分散が可能になります。

AEROSIL®とSIPERNAT®製品は、上記の処理プロセスを改善します。粉体の流動性を確保し、固結を最小限に抑える手段、あるいは粘性液体を流動性粉体に変換する手段を提供します。

粉体の流動性を確保し、固結を防止するAEROSIL®

AEROSIL

AEROSIL®とSIPERNAT®製品の添加により、粉体の流動性向上、または固結性低減を可能にしますが、これは粉体粒子を包み込んで粒子間隔を広げることで、凝集力を低下させる効果によるものです。さらに、これらは吸収能力が高いため、粉末混合物中に存在する微量の液体を吸収することができます。液体は粉体粒子を接着する傾向があるため、この吸収により紛体の流動性はさらに向上します。

粉体の性質、添加量、成分の添加順序、加えられる剪断力などのいくつかの因子は、最終結果に重大な影響を及ぼすため、湿式シリカSIPERNAT®又はフュームドシリカAEROSIL®の最適なグレードを選定する場合には、考慮に入れる必要があります。


詳細情報については、パンフレットのTI 1360 「SIPERNAT®and AEROSIL®—an Essential in Industrial Powder Technology」と、TI 1213 「Performance Silica as Flow Agent and Carrier Substance—Recommended Mixing Procedures for Powders and Granulates」をご参照下さい。

AEROSIL®SIPERNAT®の流動助剤と固結防止剤としての例

用途

AEROSIL®又はSIPERNAT®の推奨グレード 

無機塩

SIPERNAT 22S

SIPERNAT 50S

SIPERNAT D17

AEROSIL 200

建設用化学品

SIPERNAT 22S

SIPERNAT 360

SIPERNAT D17

AEROSIL 200

AEROSIL R 972

粉末消火剤

SIPERNAT D17

SIPERNAT D10

AEROSIL R 974

AEROSIL R 812

プラスチック添加剤

SIPERNAT D17

SIPERNAT 22S

AEROSIL 200

AEROSIL R 974

石膏

SIPERNAT 22S

SIPERNAT D17

AEROSIL R 972

SIPERNAT 50S

セルロース誘導体

SIPERNAT D17

SIPERNAT 50S

SIPERNAT 22S

AEROSIL R 972

その他の機能性粉体向けエボニック製品